診療案内

脂肪溶解注射(メソセラピー)

脂肪溶解注射の主成分であるホスファチジルコリンは、主に大豆から抽出される成分で、脂質の代謝を高め、血管壁に付着したコレステロールを溶かし出す作用があります。

この脂肪を溶かし排出する力を美容のために利用したのが、脂肪溶解注射です。
ホスファチジルコリンを皮下脂肪に直接注射することで、薬液の浸透した部分の脂肪細胞が破壊され溶解します。溶け出した脂肪は血管やリンパ管を通り、そのまま汗や尿などと一緒に体外に排出されます。脂肪細胞そのものを減少させることでリバウンドしにくいことが特徴です。

当院ではセルライト除去に有用されるヒアルロニダーゼを同時に注入することで脂肪溶解(メソセラピー)の効果を上昇させています。
【注意事項】
施術時間 10分~(※治療部位により異なります)
麻酔 麻酔クリーム
施術期間 効果には個人差はありますが、2週間から1ヶ月毎の注入が効果的です。
  1回使用量の目安    必要回数
上腕   2~4本      3~5回
腹部   4~5本      5~10回
大腿   4~7本      5~10回
下腿   2~3本      5~10回
顔   1本         3~5回
飲酒 翌日より可
シャワー 翌日より可
入浴 翌日より可
運動 翌日より可
その他 ◆施術は麻酔クリームを塗布し、20分程度経過してから行います。

◆極細針での注入を行っておりますが、注射部位の痛みや腫れ、皮下出血がでる可能性があります。症状は1週間程度で消失します。

◆注入後は、薬液を均等に浸透させる目的でマッサージを行います。マッサージをしておくことでしこりが出来るのを防ぐ効果もあります。

◆施術後は溶かした脂肪の排出をスムーズにする為、水分を多めに摂取するようにして下さい。

【価格表】

脂肪溶解注射(メソセラピー)
脂肪溶解注射 1回 手のひらサイズ 10,000円~/1本
page top