診療案内

多汗症BOTOX注射

【多汗症 ボトックス注射】

汗をかくことは人体によって必要な代謝ですが、あまり多くの汗がでてしまうことも快適な日常生活の支障となってしまいます。
こういったいわゆる“多汗症”に対しては、脇にボトックスを注射するだけで発汗を抑える効果があります。

《発汗の仕組み》

汗を出す体の器官を汗腺と言いますが、汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。ボトックス注射はエクリン汗腺からの発汗を抑制する効果があります。
汗腺にしても筋肉にしても、体が反応するのは神経から伝わった信号を汗腺や筋肉が受け容れるからです。この神経の信号の正体は、神経末端から放出される神経伝達物質という物質なのです。
神経伝達物質はアセチルコリン、アドレナリン、ドーパミンなどがあります。エクリン汗腺に信号を出す交感神経の神経末端の神経伝達物質はアセチルコリンです。ボトックスは、このアセチルコリンの放出を抑制することで、発汗を抑制しているのです。

【取り扱い製品】

《Neuronox ニューロノクス》

メーカー:Medy-Tox
製造国:韓国
ニューロノクスとは、米国アラガン社が開発した治療薬「BOTOX(ボトックス)」のジェネリック製品に該当する製品です。この製品は韓国メーカーMedy-Tox社から販売されており、2011年韓国のKFDA承認も受け、高純度のボツリヌス毒素タイプA複合体であり、効果や持続期間などは米国アラガン社製ボトックスとほとんど変わりません。
現在は世界30国以上で使用され、韓国ではシェアNo.1となっており日本国内でも多数の症例があり、安全面も問題なく治療をお受け頂いております。

《BOTOX VISTA ボトックスビスタ》

メーカー:アラガン社
製造国:アメリカ

以前はボトックスといえば海外から輸入したボトックス製剤を使用するのが一般的でした。
2009年1月、厚生労働省が日本で初めて美容領域での使用を認可したボトックス製剤「ボトックス ビスタ」の登場を受け、この国内初認可の製剤をお客様にお選び頂けるようになりました。
この製品は日本で未承認の他のA型ボツリヌス毒素製剤とは異なり、日本人での有効性・安全性が確認されています。
また、徹底した品質管理と厳格な輸送・保管を経て供給されています。
施術にはボトックスビスタ講習・実演セミナーを受講し、有効性安全性並びに薬剤の取り扱いについて十分な知識と技術をもった医師が行います。

【価格表】

多汗症BOTOX注射
ニューロノクス(多汗症) 50,000円
ボトックスビスタ(多汗症) 100,000円
page top