診療案内

シミ治療

【シミ 内服薬】

■ トランサミン(トラネキサム酸)
トランサミン(トラネキサム酸)とは、抗出血作用があるもので、本来は止血剤として処方されるお薬です。メラノサイト活性因子であるプラスミンをブロックし、メラノサイトに活性のシグナルが届かないようにする作用があります。この働きによってしみを作る元からブロックします。


■ シナール
シナールはビタミンCのお薬です。
紫外線などが肌に当たるとメラニンを作り出しますが、これは肌を守るための働きです。ところがメラニンが過剰に作られたり、肌を守るという役目が終わった後もその働きが続いているとシミの原因になります。シナールは、こういったメラニン生成を抑えて予防する働きと、既にできてしまったシミ(メラニン)も薄くしていく働きがあります。

【シミ 外用薬】

ハイドロキノンは、シミ治療の外用薬(塗り薬)として処方されるもので、メラニンを作るチロシナーゼの働きを阻害し、またメラノサイトを壊してメラニン色素を作らせない作用もある非常に強力な漂白剤です。
またハイドロキノンは、できてしまったシミに効果があるだけでなく、メラニンを作るメラノサイトに働きかけて“メラニンを作れという指令を阻害する働き”もあるので、シミ自体を作らせない予防的な効果も非常に高いです。
またビタミンA誘導体であるトレチノイン(レチノイン酸)は、皮膚の角質を剥がし、表皮の細胞を分裂させ、皮脂の分泌抑制や真皮のコラーゲンの分泌を高めるといった働きがあります。
ハイドロキノンとトレチノイン(レチノイン酸)を併用することでより高いシミ改善効果が期待できます。

【価格表】

シミ治療
美白内服 1ヶ月分 初回 5,000円
美白内服 1ヶ月分 2回目以降 3,000円
シミ外用薬 初回 5,000円
シミ外用薬 2回目以降 3,000円
page top